岩田ゆり

2006年9月 5日 (火)

ゆりさん

今日は休みでした。新聞やワイドショーでもゆりさんのニュースが報じられていました。

正直、ゆりさんのフットサルでのご活躍を拝見したのは2度だけ。昨年10月の大会と金町での卒業試合。それとピヴォガールを観に来ていたのをお見かけしたぐらいかな。
それ以前の大会はサポ仲間に焼いてもらったDVDでその活躍を拝見していました。

金町は初めて自分が参加したJ.bイベント。今も一緒に活動しているサポ仲間と初めてお会いし、J.bメンバーさんを身近に感じられた特に思い出深いイベントでした。
陽も落ちて暗い駐車場で行われたささやかな引退式で、当時ファンタのキャプテンだった奥谷さんが泣きじゃくると「よしよし」と優しい笑顔で頭を撫でていたのが印象に残っています。

今は一般大会ではコールとかはしてませんが、この日行った「ゆりコール」「J.bコール」に喜んでいた姿も思い出されます。

多方面で活躍され、自身が手がけるブランドもこれからというところなのに・・・。

本当に運命ってどうなってんだろ。
自分も22歳の友人を失ったり、最愛の家族(犬なんですが、ペットと一緒にしてごめんなさい。自分にとっては本当に大切な家族です)を失う度に何も出来ない悔しさと虚しさでどうしようもなくなりました。なんもできないんだよほんとに。なんも・・・。

交友関係が広かったであろうゆりさん、多くの友人の方々とともにJ.bメンバーのことも見守ってくれると思います。
メンバーを見守っているゆりさんがまた喜んでくれるよう、サポはJ.bへ声援を送ろう。それがJ.bサポ、ファンとしてゆりさんに出来ることじゃないかな、と思いました。


ゆりさんの御活躍から感じたことを胸に、一日一日大切に生活していこう。みんな、頑張ろう。

ゆりさん、本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。


※支離滅裂な文章ですいません。

| | コメント (3) | トラックバック (28)